cotoriのリウマチSLE日記

慢性関節リウマチとSLEと慢性甲状腺炎の難病持ち保育士が綴ります。

67歳の父が心筋梗塞で…

こんにちはcotoriです(*^^*)

突然ですが、先ほど父が心筋梗塞

日赤に運ばれました


父は170㎝87㎏で、医師からずっと

食事を見直すように

運動するようにと言われてました



一昨年、父は動脈硬化が見つかり

手術できない場所だったため

悪化させないようにと生活習慣に

気をつけて過ごしていました

10㎏も体重をおとし

わんちゃんの散歩もこなし

悪化させる事なく時が過ぎました



なのに

父は持病があるのに安心してしまい

また好きなものを食べ

好きなお酒を飲み

年齢を理由に運動からも離れました



またぶくぶく太り

あらゆる関節痛、手足の痺れがおき

さらに運動できなくなりました



そしたら、今度は娘のcotoriが

難病になりました

娘は一生懸命、食事療法や断薬

痛みながらもできる範囲のストレッチ

生死を考えるほど追い込まれている



そんな娘の姿を見ていたのに

家族がみんな心配していたのに

父は自分の目先の欲で

暴飲暴食を続け

年齢のせいにして怠けました




見えない何かが、きっと教えてくれていた



お父さん、気づいてよ!

このままだと死んじゃうよ!




何度も寿命を全うするチャンスはあった




そして、これが最後のサインなのか


それとも、もう答えは決まっているのか




誰にもわかりません



生かされたら、これからの人生が

違う景色に見えるでしょう

何が大切か気づくでしょう




もう会えないなら

これが父の決まっていた寿命。




もしも決まってた寿命よりも短いなら

学ぶことができなかった…

これは、父が魂になった時

父にしか知り得ません





今の私は心の準備はできています





でも、まだお父さんと一緒にいたい


私はお父さんが大好きで大好きで


どうしようもないくらい大好きです




だから、どうか最後のサインで

ありますようにと願うことしかできません



本当の心の声は




お父さん、生きて

お父さん、大好き

お父さんの娘で本当に幸せ


だからお父さん

これから家族で楽しく生きよう