cotoriのリウマチSLE日記

慢性関節リウマチとSLEと慢性甲状腺炎の難病持ち保育士が綴ります。

星状神経ブロック注射☆病気の理解

サインバルタ断薬7日目(*^^*)

祝☆1週間☆オメデト~cotori♪

あー。この1週間は長かった…

離脱症状は横ばい、まだまだ継続中です

まずはサインバルタの断薬を目標に

過ごしていこうと思います(*^^*)




月曜日に西本クリニックへ~(^o^)/

はやくはやく!のどに注射~(笑)

痛みもかなりつらかったので

あれだけ怖がっていた針ですら愛しい



「先生!怖いから歌いながら打って」



とお願いしました(*^^*)

そんなふざけた患者の言葉にも

アハハ♪と笑ってくれる優しいドクターは

私にはとっても合います☆

看護士さんはオカンって感じで面白い

耳の体操も教えてもらい実践中♪


先生に質問してみました


「何百人と患者さんを診てきて

この人は治る、早く治るだろうなって

先生が感じる患者さんっていますか?

どんな人ですか?」


うんうん。感じる人はいるね(*^^*)

こちらが話したことやアドバイス

素直に受け取れて実践する人!

「そんなもん、ほんまか?できない」

言う人は時間がかかるね


関節が痛むのは頑固な人に多いそうです




大学病院での治療や医師は

私の患っている全身性エリテマトーデスや

関節リウマチの病気だけを見ていました


誤作動をしている免疫細胞の動きを

抑え込むため免疫抑制剤を進められます

これは根本治療ではなく

悪いものに蓋をして身体を楽にします




(本当は悪くない。自分が無理をしたためにできた誤作動細胞。ごめんね。痛くしてごめんね。狂わしてごめんね。
蓋なんかしたらよけい悲しむよ。
気づいたよ。ありがとう。治すからちょっと待っててねと私は言うてます)






今のクリニックでは病気そのものは

全然…見ていない(^-^;


SLEもリウマチも癌も鬱も

潰瘍性大腸炎多発性硬化症

バセドウ病も重症性筋無力症も

どんな免疫疾患でも



自然治癒力の司令塔である

脳の視床下部に働きかける

体全体の異常を正す全身まるごと医療


cotoriが受けている星状神経ブロック療法は

視床下部の働きをすごく助けるそうです☆



こーんな風に病気や体を理解できるよう

アフォなcotoriに先生は


「今日はこのプリントをコピーしたよ♪」


って、わたしに必要なものを

診察時に用意してくれています(*^^*)



プリントに何が書いているのか

一言、二言、言って伝えるだけ


必ず読めとも言わない(笑)


読むも読まないもあたしの自由

理解するもしないもあたしの自由

体操するもしないもあたしの自由



すべてそこは患者まかせ(笑)

おもしろいでしょ

圧力がまったくないのです



そのかわり

どんな質問にも答えてくれる(笑)




きっと西本先生は

俺の力はすごいんだ!

cotoriの病気は俺が絶対治してやる!




って私に対して思ってない(笑)


へたしたら私やみんなの病気が治っても

治らなくてもどっちでもいいと

思っているかもしれません(笑)


だけど喜びは共有してくれるし


辛さはきちんと説明してくれます




「自律神経整えて治癒力あげたら

その病気治るよ~」




って教えてくれて

治せる方法に、こんなのあるけど

あなたどうする?




選択肢をいつもくれているような

そんな風に感じられます(*^^*)



ドクターや治療は私の病気を

治すためにお手伝いをしてくれている

主役はわたしであり

病気は自分で治すもの☆



あの医者だめ、この病院だめ


そんなことはなくて、みんな

痛みや病気から救いたいと

自分に協力してくれていたはずです



全てを外にばかり頼っていても

そこまでこじらせた病気は

医者だけじゃ西洋医学だけでは治せない



自分の力が一番に必要だと

改めて感じさせてくれる




そんな病院やドクター

私に関わってくれる人たちに

本当に感謝しています

これからもそんな方たちに

出会えていけたらいいなぁ☆



難病であろうと、不治の病であろうと

私もみんなも

なんだって自由に選択できます



どんな時も

全部自分が決めたらいい(*^^*)