cotoriのリウマチSLE日記

慢性関節リウマチとSLEと慢性甲状腺炎の難病持ち保育士が綴ります。

あなたの治療、あなたが決めるべき

医師から治療をすすめられ

ステロイド10ミリから

スタートさせましょう」


と言われ、悩み悩み悩み沈黙。


付き添いの夫に助けを求めましたが

夫は何も言わない…クソッ

すると、医師は

あなたが決めるべきこと

あなたが治療するのよ


(゜ロ゜;(゜ロ゜;(゜ロ゜;(゜ロ゜;(゜ロ゜;

って、あほ言うなよ~


このままじゃ寝たきりになるとか

動けなくなるとか

進行はとめられないとか

散々、患者を心底びびらせて…


これ飲めば動くよ、楽になるよ

と甘い言葉を最後に並べて


そして、洗脳に近いやりとり後


さて、あなたはどうするの?って


そんなもん、

冷静な判断なんてできるわけないっ!


こんな時に役立つのが

付き添いの夫じゃないの?


情けないやら腹立つやら

後程なぜ無言になったのか夫に尋ねると


cotoriがこのまま治療を受けないと

満足に生きられない

もうそれ以外に方法がないと思ったと…


「ふん。医師の言葉にびびりやがって

ばっかじゃないの!」


と怒鳴り散らしてやった。


医師の言葉は嘘じゃない

本当のこと

でもステロイドに踏み切るのは

まだ早い!数値も大したことない!

私にはまだ方法があるはず!


効かないかもしれないけど

これ飲んでみる?とステロイド以外を

処方してくれる医師だって

体質改善だとアドバイスをくれる

漢方のおばちゃんだって

私が諦めない限り、あきらめないと

言ってくれる整体のゴッドだって


まだまだやれる事がある!


医師の言葉がすべて正解とは

全員に当てはまらない

って私は考えます



そして、声を大にして言いますが


治療は本人が決める事じゃない

一人で生きられないよ

一人で治療できないよ

助けがあって支えがあって

治療にすすめるんだよ


だから

治療は家族が話し合って

決める大切な事なんだー!

あなたが決めることじゃなーい!