cotoriのリウマチSLE日記

慢性関節リウマチとSLEと慢性甲状腺炎の難病持ち保育士が綴ります。

それでも私は選択しなかった

血液検査の結果は体の激痛や麻痺に

反して、炎症数値CRPは下がってた


びっくりです


じゃあなんでこんなに痛いのか

動けないのか

ようやく理由がわかってきた



全身性エリテマトーデスに加え

リウマチも確定しました

血液検査の結果

エリテマトーデスでの検査で

普通上がらない数値が

上がっているからという事と

私の症状を見ての確定でした


指や手首、ひじの関節、
膝、足の指や足首の関節
パンパンに腫れまくり激痛で
触れただけで飛び上がります


リウマチの仕業だと…


関節変形が始まったから腫れている

ステロイド治療しないと動けなくなるよ

仕事も当分無理だね、休みましょう


と、医師は私に告げました



内容はいやだけど

異様な感覚と痛みが何なのか


理解できてよかった(ToT)



そして、筋肉はエリテマトーデスの

症状だと医師はいったけど



なんか違うような気がする



これでもかと紫外線対策中


関節変形のため、歩き方や
動き方が変わった

妙に筋肉がひっぱられている?

いや、心因性


整体いこう

ゴッドに泣きつき、明日施術です

そしてステロイド

今まできっぱりお断りしてましたが


今回は辛すぎて助けてほしい

死ぬよりましか

痛む状況から逃れたくて

受け入れようとしました

やはり心がいやがりました


ステロイドは次まで考えると

伝えると

医師はムッと機嫌が悪くなっている

と感じました

仕草や言葉にあらわれていて


どんなにお偉いさんの医師も人間だよね



そして、誰も私を傷つけようなんて

思っていない


痛いなら痛みをとってあげたい

動けないなら動かしてあげたい


医師の判断は全く間違いではない


その気持ちを踏みにじっている

ムッとしてあたりまえだ



患者として言いたいことがあるけど

長くなるからまた次にかきます