cotoriのリウマチSLE日記

慢性関節リウマチとSLEと慢性甲状腺炎の難病持ち保育士が綴ります。

親にリウマチを伝える


慢性関節リウマチと診断されたこ

進行性の疾患であること

早期治療が必要であること

大学病院をすすめられたこ


そして私は

薬は飲まないこと

病院の治療は受けないこと


このまま、ゴットの力をかり

家族の協力のもと

自然療法で失った免疫力を高め

自分のもっている免疫で

根治を目指す


これらを伝えるため

両親に連絡しました


きっと絶対反対されます( ̄▽ ̄;)

風邪は水風呂と気合いで治す親ですが


病気の質が違いすぎるから。


案の定、何か言いたげな母でしたが

言い出す前に



親の心配する気持ちは十分

私は理解している

痛みで辛い娘をみること

家事類に負担をかけること

そして自分の考える治療法


伝えたいことを全て

先にかぶせてみました


すると。


自分の納得できるまで

やったらいい

でも、

まったく動けなくなる時がきたら…

骨の破壊や変形が始まったら…


必ず病院へ行ってほしい

薬の治療を受けてほしい


当たり前の親の気持ちです


わかった

ただ、年内はこのまま自然療法を

させて下さい。

改善があるかどうか

自分でも確かめたい

自分の体をみてみたいから。



両親や夫に負担かけるけど

本当にごめんね


と言って電話を切りました



でもね、明日にはおそらく


やっぱり薬治療した方が

いいんじゃない?


と言い出すような母です(笑)


訴え続けなければ!