cotoriのリウマチSLE日記

慢性関節リウマチとSLEと慢性甲状腺炎の難病持ち保育士が綴ります。

人の痛みを知る医者もいたよ

リウマチ膠原病科へ紹介状をかかれ

どうしても受診したくなくて

膠原病に詳しいクリニックを訪ねました


医師に今までの状態や経緯を説明

かえってきた言葉は


今までよく耐えてきたね

痛くて辛かっただろう

涙があふれました

ありがとう

この言葉だけでも救われた気分


採血をして損はないから

調べておこう


ついに採血を1年半ぶりに行いました

当時はリウマチの数値は
確認されていません

そして手渡されたパンフレット

線維筋痛症でお困りではないですか?


なぜ痛みがおこるのか

メカニズムがかかれ

周囲の理解が必要であると

家族に見せるよう言われました


まじか?これなの?


医師はたくさんの膠原病がある

線維筋痛症と診断するには

消去法で病を消していくしかない

1度大学病院で見てもらおう


そう背中を押してくれました


行ってよかった

詳しい検査を大学病院で受けます


諦めない!