cotoriのリウマチSLE日記

慢性関節リウマチとSLEと慢性甲状腺炎の難病持ち保育士が綴ります。

NHKスペシャル☆人体

健康や病気に大して興味のなかった

私が、調べたり番組をみるなんて

考えられなかったけど

自分の病気に関して

何かヒントはないか

その思いで、NHKスペシャル「人体」

を観ることになりました


最後にご紹介された関節リウマチの方

30年にわたり病気を患い

たくさんの治療を受けましたが

進行を防ぐことができず

手や足の骨が変形されていました



どんなにどんなに辛かっただろう

思うように動かない激痛の手足

きっとたくさんの事を諦め

制限された生活の中

前を見て生きてきた30年


「ずっとトンネルの中

生きてる意味があるのかな」


と当時の思いを
語っていらっしゃいました



「人体」では細胞が

メッセージを交わしていると称し


関節リウマチの場合

本来は自分を守る免疫細胞が

排除しなければいけない敵の細胞が

何一ついないのに

「敵がきた!みんな集まれ!」


とメッセージをおくり

他の免疫細胞たちを呼び集め

より強力な免疫細胞に変身

正常である関節や骨を破壊していく


これが研究の結果

関節リウマチの原因であり

そのメッセージをブロックする薬が

開発されたそうです→注射です


30年痛みとたたかってきた方も

その注射を受けるようになり

骨の変形をくい止める事ができ


CTを見るとつまっていた骨と骨の間に

わずかな隙間ができている

痛みも軽減しているはずだろうな


現在は手足の変形のため日常生活に

支障はあるが、母となり

幸せな姿が映し出されていました


進行が止まりよかったな~

と言う思いと

自分の細胞でも

同じことが起こっているのかな

そんな不安と


最後に…

そもそも、なんで免疫細胞が

誤ったメッセージを

おくり続けるんだー


これがわからないと

根治とは呼べないでしょう


そう感じたかたは私以外にもいるかな

( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)