cotoriのリウマチSLE日記

慢性関節リウマチとSLEと慢性甲状腺炎の難病持ち保育士が綴ります。

医者でもわからない原因

肩や腕の激痛から解放され

以前よりかなり動きやすくなりました


まだ右手の人差し指の筋が痛みますが

関節の腫れはなくなり

ペットボトルの蓋を

無事に開けられるようになりました

(*^^*)(*^^*)(*^^*)(*^^*)(*^^*)


さて、原因は何だったのか


医者は骨に異常はないと言いました

その通りでしたが

なぜ痛みが起こるのかは

わからない


と言い切っていました(*_*)


後日ゴッドハンドを持つ先生に

体をさわってもらうと

これは医者には治せない


よく勉強されている医者以外は

原因はわからないだろうと…


その原因とは

ひじのねじれ


ようやく原因がわかりました

なぜ指が曲がってきたのか…


ひじがねじれ、手首もねじれ

指がねじれてきていたので、私には

指が曲がってきた(・・;)


と見えていたのです


さぁ、なぜひじがねじれたのか

→肩がねじれたから

なぜ肩がねじれたのか

→腰がねじれたから

なぜ腰がねじれたのか

→ 骨盤がゆがんだから!


という訳です


膝の痛みも骨盤のゆがみで

左右の足の長さが全く違うため

歩き方も変わってしまい

ひざに激痛が走っていたようです



ゆがみの負担が身体のあちこちに

痛みをもたらした


そう話してくれました


まだ完治にはあと1回施術を受け

正常な骨の位置にもどったところで

加圧トレーニングで筋肉強化し

骨を正常置で固定していくそうです



整体で治っても繰り返しては

全く意味がない

二度と辛い体に戻さないよう

100%の完治を行っている


筋肉がついたあとは

自力!努力!で運動していく


健康も美も1日にして成らず!


おっお~何だか治ると確信(笑)

しばらく大変だけど

健康なからだを手に入れるまで

頑張ってみよう(^-^)v